女性

唇の乾燥を改善して魅力を高めよう~プルプルの潤いリップを実現~

国の認可で作られる化粧品

女の人

有効成分が含まれている

化粧品というのは薬事法によって化粧品と薬用化粧品とに分かれています。その違いは、一般の化粧品は肌の保湿や清浄などを目的としており、薬用化粧品はそれらの目的に加えて肌荒れやニキビを防いだり、美白やデオドラントや殺菌などの効果がある有効成分が配合されたものです。有効成分の有無が大きな違いです。化粧品を選ぶ時にニキビや美白効果を求める場合は、薬用化粧品を選んだ方が有効成分が含まれているので効果が期待できます。薬用化粧品を選ぶ時には、外箱に医薬部外品と表示されているものがそれにあたります。薬用化粧品は比較的効果が出るのが早いので、その時点でステップアップする必要があります。一般の化粧品に乗り換えて本格的なスキンケアをすると、よりハリのある美肌にすることができます。

継続的に使用しても大丈夫

薬用化粧品の特徴は具体的な効能や効果を表示することが許されているという点です。例えばニキビを防ぐなどと具体的に表示できるのです。そのためニキビ防止に効果のある薬品が含まれており、その配合量や成分内容も表示されています。これに対して一般的な化粧品は特定の効果に対する制限がないので、有効成分を色々と配合したりすることができます。そのため薬用化粧品よりもすぐれた製品ができる場合があります。薬用化粧品は厚生労働省から承認を受けて製造が許可されているので、安心して利用できるというメリットがあります。また一般化粧品よりも強い成分が含まれていますが、継続的に使用しても問題のない処方になっているので、肌の悩みが解決してもそのまま使い続けることができます。